既存の壁の中に筋違を追加。耐震補強金物で補強

    どんな商品やサービスがあるか

    では、具体的なサービス内容について説明します。まず、注文住宅の場合です。注文住宅では、住宅メーカーがいくつかの...

    Readmore
    しっかりと柱頭・柱脚部分もしっかりと耐震補強

    長寿命化を目指す

     日本の戸建て住宅の平均寿命は30~40年といわれていますが、100年くらいは持たせようという提案を日本建築学...

    Readmore
    瓦屋根を軽量な金属板葺に変更

    それを扱うどんな人たちがいるか

    家を購入する時や新築する時は、災害に強い家かが重要です。なぜなら、日本では近年多くの自然災害が起きているからで...

    Readmore

どのように変わってきたのか

金物補強

 日本で耐震基準という概念が誕生したのは、1924年のことでした。
その前年に未曾有の大被害を引き起こした関東大震災が発生しています。
その事実を重く見て、日本国内で新たに建築される建物に対して、地震の揺れに耐えられる強度が法律で求められるようになったのです。
これは、一般的に旧耐震基準と READ MORE

いくらかかるのか

筋交いの端部には柱と梁、柱と土台を繋ぐ金物を取り付けています

 日本は地震大国ですので、いつ大地震が発生しても不思議ではありません。
地震に対する備えとして、避難場所を確認しておいたり、非常食や非常持ち出し品を準備しておくのも大切なことですが、まず地震の揺れに耐えられる家にしておくことがとても重要です。
自宅にいる時に地震が発生し、その揺れで家屋が倒壊して押し潰されてしまったとしたら、避難することもできません。
大切な家族の命を守るためにも、自宅に耐震補強工事を実施してお READ MORE

どんな商品やサービスがあるか

既存の壁の中に筋違を追加。耐震補強金物で補強

では、具体的なサービス内容について説明します。
まず、注文住宅の場合です。
注文住宅では、住宅メーカーがいくつかのオプションを提示してくれます。
その中から選ぶか、直接希望を伝えます。
すると、自社か提携の工務店などが対応してくれます。
どのようなすればよいか分からない時は、 READ MORE

それを扱うどんな人たちがいるか

瓦屋根を軽量な金属板葺に変更

家を購入する時や新築する時は、災害に強い家かが重要です。
なぜなら、日本では近年多くの自然災害が起きているからです。
中でも、地震大国日本では耐震性が重要視されています。

耐震性が高いと、大地震が起きても安心です。
自分や家族の命を守るため、耐震補強は欠かせまん。
耐震補強を READ MORE